【WordPress】オススメのレンタルサーバーは2つだけ!

ゴリさん
レンタルサーバーってどれがオススメなんだろう?
いろいろありすぎて選ぶのが難しいな。
DK
そんな疑問にお答えします。

 

・ 人気のレンタルサーバー、エックスサーバー とConoHaWING(コノハウイング) の2つを紹介。

・ エックスサーバー とConoHaWING をブログ初心者にも分かるように比較してみます。

 

本記事を読むことで、自分に合ったレンタルサーバーが見つかるはずです。

 

是非参考にしてみてください。

 

オススメのレンタルサーバー

 

レンタルサーバーを探しているということは、ホームページの作成や、ブログなどを始めようしていることかと思います。

 

とくにWordPressでブログを始める場合、レンタルサーバーの契約が必須になってきます。

 

しかし、いざレンタルサーバーを探そうとしても、かなりの数があるため悩む人も多いでしょう。

 

・ エックスサーバー

・ ConoHaWING(コノハウイング)

・ カラフルボックス

・ ロリポップ!

・ スターサーバー

・ お名前.comレンタルサーバー

・ さくらのレンタルサーバ

…など

 

上で紹介したもの以外にもレンタルサーバーはいくつも存在します。

 

レンタルサーバーごとにそれぞれ特徴があり、どれがいいのか悩んでしまう人も多いでしょう。

 

本記事では、そんな数あるレンタルサーバーから、オススメのものを2つに絞って紹介します。

 

難しい用語をできるだけ使わず、初めてブログを始める方にもわかりやすいように解説しますので安心してください。

 

圧倒的人気のXSERVER(エックスサーバー)

出典:XSERVER

 

まず初めに紹介するのは、国内シェアNo.1を誇るエックスサーバー です。

 

あれこれ悩むのが嫌だ、という人は、とりあえずコレにしておけば間違いありません。

 

DK
当サイトもエックスサーバーを使用しています。

 

・ 利用者が多く実績があるため安心して使用できる。

・ サポートが充実している。

 

順番に見ていきましょう。

 

サイト数170万件!国内シェア№1を誇る安心感

 

ブロガーがオススメするレンタルサーバーでも、必ず上位に紹介されています。

 

利用者が多いということは、それだけ信用されている証拠と言えるでしょう。

 

何か問題や疑問が生じた場合も、ググればすぐに答えが見つかるのも、エックスサーバーの利点と言えます。

 

難しいことはよくわからないけど、安心・安定のサーバーを使いたいという人は、エックスサーバーを選びましょう。

 

>> 月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

 

24時間365日、いつでもメールサポートに対応

 

エックスサーバーでは、365日いつでもメールでの問い合わせができ、しかも24時間以内に必ず対応してもらえます。

 

土日祝を覗けば、電話サポートにも対応しています。

 

サポート面が充実しているのは、大手ならでは、と言ったところでしょう。

 

DK
自動バックアップの標準装備や、セキュリティ面などでも充実した内容になっています。

 

>> 月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

 

初期費用0円!コスパ最強のConoHaWING(コノハウイング)

出典:ConoHaWING

 

次に紹介するのは、初期費用0円で始められる、国内最速のレンタルサーバー、ConoHaWING(コノハウイング)
です。

 

ブログを続けれるか不安、最初は出費を抑えたい、難しい操作が苦手、そんな人にコノハウイングをオススメします。

 

・ 初期費用が0円から始められる

・ お得なプランが充実

 

順番に見ていきましょう。

 

初期費用0円!今すぐお手軽に始められる

 

レンタルサーバーを契約する際、ほとんどの場合は初期費用が発生します。

 

金額はレンタルサーバーごとに違いますが、相場は月額料金の1~3か月分でしょうか。

 

DK
初期費用とは、登録時に払う契約金みたいなものです。
月額料金とは、プランごとに設定されている毎月の運営費用になります。

 

エックスサーバーの場合、「X10」というプランで、初期費用が3,000円かかってきます。

 

それに対して、コノハウイングはすべてのプランにおいて、初期費用が無料です。

 

ブログを始めてみたいけど、出費は抑えておきたいな、という人はコノハウイングで始めてみましょう。

 

>> 初期費用無料!最低利用期間無し!国内最速・高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

 

”使っただけ”時間単位のプラン、長期契約のWINGパックもオススメ

 

コノハウィングの料金プランは、1時間単位の料金体系を採用しています。

 

例えばベーシックプランの場合、1時間2円から使用することができて、どれだけ使っても1ヶ月最大1,200円以上はかからないシステムになっています。

 

長期的なサイトの運営を目指している場合は、レンタルサーバーと独自ドメインがセットになった割引プランの、WINGパックもオススメです。

 

DK
ドメインとは、サーバーに設定する住所のようなもの。
本来は別途料金を払う必要がありますが、WINGパックで契約した場合、そのドメインを永久無料で使用することができます。

 

WINGパックは、契約期間の利用料金を前払いすることで、最大33%もお得に契約することができます。

 

>> 1時間2円から、国内最速・高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

 

共通のオススメポイント

 

次に、エックスサーバーとコノハウイング、2社に共通している特徴を紹介します。

 

速度と安定性に優れる高性能サーバー

 

エックスサーバーとコノハウイング、ともに最新の高性能webサーバーを使用しています。

 

サイトに大量にアクセスがあると、一時的にサーバーにロックがかかることがあります。

 

DK
よくニュースなんかで、炎上したサイトが一時的にダウンしました、なんて言ってたりしますよね。

 

今回紹介した2社のサーバーだと、かなりの負荷にも耐えることができるため、安定した環境を提供してもらうことができます。

 

またサーバー速度も、2社ともにトップクラスを誇っており、webページの表示速度や、操作性でもストレスを感じることがありません。

 

DK
せっかくサイトをクリックしてもらえても、表示されるまでに時間がかかると、そのまま次のサイトへ移動されてしまうことも。

 

WordPressのインストールが簡単!

 

レンタルサーバーを契約した場合、その後にWordPressなどの管理ツールをインストールする必要があります。

 

エックスサーバーとコノハウイング、どちらもWordPressと連携することに特化しているため、誰でも簡単にインストールすることが可能です。

 

DK
WordPressやドメインとの連携は、ブログ開設の挫折ポイントと言えます。
ここが面倒くさくて一度諦めてしまった人も、この2社なら安心してブログを始めれるでしょう。

 

エックスサーバーとコノハウイングを徹底比較!

 

それでは次に、エックスサーバーとコノハウイングを項目ごとに比較調査していきます。

 

今回は個人ブログを始めることを前提に、それぞれプランを設定して比較していきたいと思います。

 

料金の比較

Xserver ConoHaWING
プラン(12カ月) X10 WINGパック・ベーシック
初期費用 3,000 無料
料金/月 1,000 900

 

エックスサーバーとコノハウイングの金額の比較です。

 

両社ともに最安のプランになりますが、個人ブログで契約する場合は、十分すぎる性能があるので、特に問題はないでしょう。

 

プランの変更は後からでも簡単にできます。

 

月々の利用料金ですが、まとめて契約するほど安くなり、短期契約の場合は割高になってしまいます。

 

機能の比較

Xserver ConoHaWING
プラン X10 WINGパック・ベーシック
ディスク容量 200GB 250GB
無料独自SSL
マルチドメイン 無制限 無制限
転送量の目安 150GB/日 4.5TB/月

 

難しい用語が出てきたので、簡単に説明をしていきます。

 

ディスク容量について

 

ディスク容量とは、サーバーの倉庫のようなものだと思ってください。

 

記事を書いたり、写真をアップしたりした場合に、それらを保存する場所になります。

 

写真や画像をアップする個人ブロブの場合、200GBも使用することは難しいですので、今回はとくに気にする必要はありません。

 

無料独自SSLについて

 

独自SSLとは、サイトのセキュリティ対策みたいなものです。

 

サイト情報を暗号化して安全なサイトにするため、SSLの設定が必要になります。

 

エックスサーバーとコノハウイングの両社とも、無料で設定が可能です。

 

マルチドメインについて

 

マルチドメインとは、ドメインを複数登録することを言います。

 

DK
ドメインとは、サーバーに登録する住所みたいなものです。

 

例えば、ブログサイトをもう一つ作りたくなったとき、そのたびにレンタルサーバーと契約をしていくと、出費が多くなってしまいます。

 

しかしドメインを複数登録することができれば、一つのサーバーに複数のサイトを登録できるわけです。

 

転送量について

 

転送量とは、訪問者がサイトにアクセスした場合に、サーバーから訪問者へ情報を送るデータ量になります。

 

この転送量を超えてしまうと、サイトへのアクセスに時間がかかったり、最悪アクセスができない状態になったりします。

 

しかし、1日に何万ものアクセスがある、大手企業ホームページなどでない限り、この2社の転送量を超えることはほとんどないでしょう。

 

キャンペーンの比較

Xserver ConoHaWING
プラン(12カ月) X10 WINGパック・ベーシック
キャンペーン 独自ドメインが永久無料

10日間の無料トライアル

毎月の利用料金、25%オフ

独自ドメインが永久無料

初回申込み月は利用料金無料

※キャンペーンは2020年4月時点のものです。

 

今ならどちらも独自ドメインを無料で手に入れることができます。

 

 

DK
キャンペーン内容は随時更新されていますので、登録前にしっかりと確認するようにしましょう。

XSERVER(エックスサーバー)とConoHaWING(コノハウイング)を徹底・まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

レンタルサーバーの、エックスサーバーとコノハウイングを紹介してみました。

 

\ 信頼と実績のあるエックスサーバー /

 

\ 人気急上昇中のコノハウイング /

 

性能面では、どちらを選んでも後悔することはないはずです。

 

しかし、現時点ではキャンペーンの豊富さで、コノハウイングの方がお得感があります。

 

この機会に是非チェックしてみてください。

Twitterでも情報配信中!