DK
どーも、DKです。
貯蓄0円、借金200万円。
衝動で始まったセキスイハイムでの家づくりを記録していくぞ。
ABE
ABEと申します。
DKさんの家づくりをサポートする案内人です。
DK
今回は我が家のロフト問題について紹介するぞ。
ABE
それでは続きをどうぞ!

ロフト問題

 

 

我が家は一応平屋ではあるのですが、予算が少なかったためモデルハウスのような広いお家は建てれませんでした。

 

25坪のコンパクトハウスです。

 

そこで少しでもスペースを確保するため、吹き抜け部分を利用してロフトを一か所作りました。

 

見た目もオシャレですし、物置にもなるので、あって損はないだろうという、とりあえずな考えで採用しました。

 

しかし、問題がひとつ出てきたのです…。

 

ABE
DKさん、ロフトに上がるためのハシゴなんですが…
DK
ん?ハシゴがどうした?
ABE
ハシゴを…置くスペースがありません。
DK
何!?
いくら狭いとはいえ、ハシゴを置くスペースぐらいあるだろ…!
ABE
それがですね、スペースがあっても高さが問題でして…
DK
高さ?
ABE
えぇ、見てもらえば分かるのですが…

 

 

ABE
ロフトというのは当然1階よりも高い位置に作られます。
ABE
つまりロフトへ上がるには1階の天井部分より更に高いハシゴが必要になるわけです。
DK
うむ…。
ABE
しかしDKさんのお家の場合、ハシゴを立てかけておける高さがあるのは…

 

 

ABE
ここだけなのです(赤く塗っている場所)
ABE
ここ以外は天井が干渉してハシゴを立て掛けることが出来ません。
DK
…リビングの顔部分じゃないか。
ABE
そうなんです。
流石にここに置くわけにもいかないので、一つ提案があります。
DK
うむ…
ABE
社外品にはなりますが、折り畳み式のハシゴを別に準備をしましょう。
DK
なるほど。
立て掛けるタイプじゃなくて伸縮式のハシゴにするわけだな。

 

社外品のロフト用ハシゴ

 

というわけで、我が家の場合は純正品のハシゴは採用できず、社外品のハシゴで対応することになりました。

 

それがこちらです。

 

ん~、ミスマッチ。

 

しかも説明書がすべて中国語?で読めません。

 

 

日本製でなくてもいいですが、せめて日本語説明書ぐらいはほしかった。

 

 

デザインも使い勝手もそんなに良くありません。

 

むしろ下手に使うと事故につながるので、使うのが少し怖いです。

 

これは出来れば早いうちに代替え案を考えたいと思います。

 

とは言っても、ハシゴが来るまで入ることができなかったロフト、今回ようやく入ることができたので記念に写真だけ撮っておきました。

 

 

アクセントクロスがいい感じです。

 

決して広いわけではなく、実用性もあまりありませんが、お子さんがおられる方だとこんなスペースがあれば、秘密基地みたいな感じで喜ばれるのではないでしょうか。

 

しかし今の状態だと昇り降りが怖くて、子供は上げさせないでしょう。

 

いつかこのロフト問題を解決できたら、その時はまたご報告したいと思います。

 

それではこのブログがみなさんの家づくりに少しでも役立てば幸いです。

 

続く…
↓ブログ村の内覧会が見れます。
DK
Twitterはじめました。