住宅ローン・セキスイハイムで仮審査をする

仮審査

 

阿部
さてDKさん、簡単ではありますが、セキスイハイムの特徴を2つ紹介させていただきました。
関連記事

セキスイハイムのモデルハウス 引用:セキスイハイム 阿部 DKさん、前回の記事で大体の予算が把握出来たかと思います。 DK うむ、土地と家を合わせて4000万円が上限というわけだな。 […]

関連記事

ユニット工法   阿部 今回はセキスイハイムの特徴の一つである「ユニット工法」について説明します。 DK ユニット工法?聞いたことがないな。 阿部 ユニット[…]

阿部
そうです。
まだまだセキスイハイムには素晴らしい特徴があるのですが、今回はこれくらいにしまして…
阿部
再びご予算のお話に戻しましょう。
DK
うむ、予算は4000万だろ?
阿部
はい、4000万円で大丈夫です。
ただし、これはあくまでDKさんと口頭で算出した数字になります。
机上の空論と言えば言い過ぎですが、これだけで銀行はお金を貸してくれたりはしません。
阿部
そこで…
DK
仮審査か…
阿部
その通りです。
以前にもチラッとお話しましたが、住宅ローンを借りる前に仮審査を受ける必要があるのです。
阿部
この仮審査、事前審査とも言いますが、これをクリアしておかないと、どれだけ理想のお家を考えたとしても、住宅ローンを借りる事が出来ません。
DK
住宅ローンを借りるうえで避けては通れない道ということだな。
阿部
そうなります。
ただし、一度申請が通ってしまえばそれを基準に家づくりが進めれますので、早めに申請してみることをオススメします。
DK
わかった。
それで、仮審査の手続きはどうしたらいいんだ?
阿部
はい、申請の手続きについてはこちらにすべてお任せ下さい。
DKさんには必要書類だけ揃えていただければ、あとはこちらで手配しますので。
阿部
ちなみにご自分で手続きをする事も可能です。
その場合はご希望の銀行の窓口で手続きをしてもらうようになります。
DK
自分でするのは面倒くさいな。
書類を用意するから、あとは阿部さんに任せるよ。
阿部
かしこまりました。
それと申請する銀行も選ぶ必要があります。
阿部
銀行によって金利や借入金額、借入期間、団体信用生命保険の条件、固定金利か変動金利などなど、条件が様々です。
DK
これはどう選べばいいんだ?
阿部
正直に言いますと、条件のいい所は審査が厳しいです。
DKさんのように自己資金がない場合は借入金額の上限が低くなる可能性もあります。
DK
貧乏は貧乏の道を行くしかないか。
悪循環だな…。
阿部
悲しい話ですが、低所得者は足元を見られやすいのです。
DK
仕方ない。
条件に合う所で探すしかないな。
それで、必要書類は何を準備すればいいのだ?
阿部
はい、仮審査ではそんなに書類は必要ありません。
阿部
用意するものは、印鑑(認印でも可)、本人確認書類(運転免許証等の両面をコピーしたもの)、前年分の源泉徴収票
阿部
…これだけ用意してください。
DKさんの場合はご夫婦で合算しての申請になりますので、お二人分の書類が必要になります。
阿部
あと、DKさんの場合、借金がありますよね?
DK
うむ。
阿部
以前にも説明させていただきましたが、これらの詳細書類を用意してもらったほうがいいかもしれません。
関連記事

借金があっても住宅ローンを借りる事は出来るのか?     DK 阿部さん、前回にも話したんだが… 阿部 はい、なんでしょう? DK その…、[…]

DK
最近完済したものは完済証明書の発行だな。
阿部
そうです。
これからの資金計画のためにも一度すべての借入を確認したほうがいいでしょう。
阿部
カーローンと奨学金の返済予定表。
あと消費者金融の借入を完済していただき、それらの完済証明書。
阿部
これらは事前に準備しておいた方がいいと思います。
DK
うむ、では次までに必要なものを揃えるようにしよう。
阿部
お手数ですがお願いします。
それではまた次回お会いしましょう。

仮審査で準備するもの

印鑑(認印でも可)

本人確認書類(運転免許証等の両面のコピー)

前年分の源泉徴収票

カーローンの完済予定表

奨学金の完済予定表

消費者金融の完済証明書

 


住宅ローンを借りるうえで避けては通れないのが、仮審査です。
私の場合、これが一番緊張しました。
それはなぜか?
落ちる心当たりが山ほどあったからです。
まずカーローンと奨学金で借金が200万円ほどあったこと。
そして消費者金融でもカードローンを組んでいたこと。
あとはクレジットカード。
これもこの時には4社ほど契約をしていました。
しかも、ここ何年かで何度か延滞したことがあったのです
次回は以上のことを踏まえて、私が仮審査申請までに実践した、出来る限りの悪あがきを紹介したいと思います。
続く…