地鎮祭の地縄が狭く見えるのは何故か

DK
どーも、DKです。
貯蓄0円、借金200万円。
衝動で始まったセキスイハイムでの家づくりを記録しています。
ABE
ABEと申します。
DKさんの家づくりをサポートする案内人です。
DK
今回は家づくりをするうえで一度は聞いたことがある、地鎮祭の地縄問題について書いてみたぞ。
ABE
それでは続きをどうぞ!

地鎮祭とは

地鎮祭とは建築工事などを行う前に、土地の神様を祀って工事の無事を祈る儀式とされています。

最近では地鎮祭をしない人も増えてきているようです。

あくまで土地の神様へ「工事が無事に進みますように」とお願いをする事が目的ですので、神様とか信じない人にはそもそも必要のない行事になります。

私の場合も特に神様とか信じていないタイプだったので、しなくてもいいかなと思っていました。

しかし嫁さんがどうしてもやりたいと言って聞かなかったので、イベントと割り切って実施することとなりました(怒られるやつ)。

まぁこういったものは気持ちの問題なので、終始写真を撮りながら満足気にしている嫁さんを見たら、結果的にはよかったのかなとも思います。

そして地鎮祭と言えば、やはり気になることが…

地縄が狭く見えるのは何故…

DK
とりあえず無事に地鎮祭も終わったな。
ABE
お疲れ様でした。
DK
言い出しっぺ(嫁)は満足したみたいだからよかったよ。
ABE
普通は一生に一度で、なかなか経験できることではないですから。
DK
そうだな。
DK
ところでABEさん?
ABE
はい、なんでしょう?
DK
一つ気になる事があるんだが…
ABE
狭いですか?
DK
流石だな。
DK
噂には聞いていたが…、建築予定地にあるこの地縄、やはり狭く見えるな。
DK
ホントにこの中で生活していけるのか不安になるぐらい狭いぞ。
ABE
これは皆さんおっしゃられる事なんですが、全然気にしなくて大丈夫です。
DK
ホントか?
ABE
えぇ、ホントです。
まず地縄が狭く見える原因として2パターンあります。
ABE
1、ホントに狭いから。
ABE
これはどうしようもありません。
だって狭いんですから。
DK
ABE
2、目の錯覚。
大体がこれが原因です。
ABE
何も建っていない更地の状態で地縄だけで見てしまうので、比較するものが景色や土地になってしまいます。
建物より土地は広いので、それと比べるとどうしても狭く見えてしまうんですね。
ABE
基礎ができて、棟上げも終わった段階で印象はかなり変わってきます。
DK
なるほど、それを聞いて安心したよ。
ABE
残念ですがDKさんの場合は1です。
諦めてください。
DK
ファーーーーーーーック!!!!

↓ブログ村の内覧会が見れます。
DK
Twitterはじめました。