ブログテーマを編集中のためデザインが崩れています。もうしばらくお持ちください。

【Echo Show 5】アレクサが我が家にやってきた

Amazon Echo Show 5

 

先日の記事スマートホーム、はじめの一歩 / Wi-Fi電源タップを購入した話の続きです。

 

注文していた「Amazon Echo Show 5」が我が家にやってきた。

 

さっそく接続をしてみます。

 

さっそく開封、あっという間に接続できた

▲ まずは開封したところ。本体と電源アダプター、そして説明書が入っている。

 

▲ 本体がこちら。色はホワイトとブラックの二色があり、今回はブラックを購入。

 

スイッチは上部の4か所のみ。

 

手前からカメラカバー(物理的にカメラを閉じる)、音量調整、マイクカメラのOn/Offとなっています。

 

その他の操作は音声かタッチパネル、あとはスマホから設定を変えることもできます。

 

▲ リア部分。全体がスピーカーの役割をしているようで、見かけによらずしっかりとした音を出せる。

 

キッチンで音楽を聴くには十分すぎる音量で、音割れなども特にしませんでした。

 

音質も素人の耳には十分合格点と言えるでしょう。

 

映画や音楽の簡易視聴に耐えるだけのスペックはあります。

 

▲ お尻の部分。手前から電源ポート、micro USBポート、3.5mmオーディオ出力となっている。

 

電源は基本的に付属のものを使用するとあり、USBポートは電源用ではないようです。

 

オーディオ出力があるため、外付けスピーカーにも対応できるということでしょう。

 

さっそく電源を入れてみる。

 

▲ 電源を入れて、一通り設定をするとホーム画面が表示された。

 

Wi-Fiのパスワードなどを入力、Prime会員だったので同期も簡単。

 

ここまでは特に迷うことなく進めれました。

 

チュートリアルを観たあとは、そのままホーム画面へ。

 

あとは好きに使ってね、ということらしいです。

 

アレクサ、なにができるの?

 

とりあえずしゃべりかけてみる。

 

「アレクサ、音楽をかけて」

 

Amazon Primeの音楽が流れだしました。

 

うむ、聴き取りは問題ないようです。

 

たまに無視されますが、声量が小さいか雑音があるときだけでした。

 

コツとしては、最初に「アレクサ!」と少し大きめの声をかけてあげて、そのあとにワンクッションおいて内容を伝えれば、ほとんどの場合うまくいきます。

 

画面を見る余裕があるのであれば、画面下に反応中のバーが出るので、それを確認した後に内容を伝えたのでもいいです。

 

▲ 音声受付状態になると画面下に青いバーが表示される。

 

そんなこんなで、タイマーやアラームのセット、YouTubeの鑑賞など、思いつく限りは一通り操作できました。

 

少し驚いたのが買い物機能。

 

絶対に使わない機能だと思っていましたが、物は試しでウーロン茶を音声のみで購入してみました。

 

これが思いのほか簡単に操作することができ、普段からAmazonで買い物をする人には是非ともオススメしたい機能と言えます。

 

ただしあくまでも定期的に購入している消耗品に限った話。

 

検索などは面倒くさくてやってられないので、そこはいつも通りスマホなりで購入するしかないでしょう。

 

ではお待ちかねのスマート化を

 

本来の目的であった書斎のスマート化を始めていきます。

 

今回用意したものはコチラ。

 

・Wi-Fi電源タップ

・Amazon Echo Show 5 (アレクサ)

 

 

正直ここからがしんどかった。
Amazon Alexaというアプリを使用しながら設定をしていくのですが、全然直感的に動かせません。
迷った経緯は省くとして、スマート化の流れはコチラ。

 

① スマート子機、今回で言えばWi-Fi電源タップの設定。(対応アプリ:smart lifeを登録)

② アレクサの設定(アプリ:Amazon Alexaを登録)

③ Amazon Alexaの設定でスキルを追加(スキル一覧からsmart lifeを探し同期する)

 

箇条書きするとこんな感じですが、③のスキルの設定を見つけるまでに時間がかかってしまいました。

スキルとは、アプリのようなものでアレクサに機能を追加することができます。

 

▲ 設定からスキル・ゲームを選ぶと、検索画面が開く。

 

この一覧の中から各スマート子機に対応しているアプリを探し、インストールをする。

よく商品名に表記されている「Alexa対応」と書かれているものは、おそらくこの一覧に含まれているということだと思います。

上手くインストールできたら、アレクサのデバイス一覧に対応の子機が追加されているはずなので、そうすれば調整ができるはず。

 

いざスマートデスクへ

 

無事スマート化終了。

 

今の段階ではモニターとモニターに取り付けたLEDテープのみをWi-Fi電源タップに接続しています。

 

今まではLEDテープが朝から晩まで常に点きっぱなしでしたが、スマート化をすることで「アレクサ、おやすみ」と言えばモニター周りの消灯が可能になりました。(セリフは好きなのに変更できる)

 

将来的にデスクライトや間接照明を増設する予定なので、それらもスマート化することで書斎周りの照明を一括で管理することができるはず。

 

設定に少し癖がありますが、やってしまえばこっちのもの。

 

スマートホーム、いやスマートデスクに興味がある方は、この機会に一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

\ キャンペーンなら格安で手に入る /

 

こっちもオススメ /