【レビュー】Zの魅力!男心をくすぐる山田照明の「Z-10N」

以前にこちらのPCデスクをバウヒュッテで構築【デスク周りを晒します】で少しだけ紹介させてもらった、山田照明のZライト「Z-10N」を今回はレビューしたいと思います。

1946年創業、歴史ある山田照明が誇るZライトの魅力とは⁉

 

DK
Twitterでも情報発信をしています。
フォローしてくれたら嬉しいです。

 

さっそく開封してみる

▲ いざ、開封の儀

 

▲ 本体と取り付けクランプ、スプリングと電源アダプターにあとは説明書が入っていました。

 

組み立て

まずはスプリングを取り付けます。

ひっかけるだけですが、スプリングが固いためケガをしないように注意しましょう。

先っちょを持つのではなく、スプリングのお腹部分を持ってから引っ張ってやると簡単に取り付けれるかと思います。

 

次にクランプを取り付けます。

上部にある丸い部分を回すことでクランプの調整が出来ます。

工具いらずで取り付けることもできましたが、グラつく場合は細いドライバーなどを差し込んで増し締めをします。

クランプの取り付け可能幅は6㎜から45㎜となっています。

 

完成

あとは電源アダプターを繋げば完成。

簡単ですね。

 

レトロなデザインが男心をくすぐる

むき出しの配線コードやジョイント部分など、どこか昭和を感じさせるデザインがかっこよすぎます。

 

カラーバリエーションは黒の他に、シルバーとホワイトから選べます。

ちなみにクランプでの取り付けが難しい場合に備えて、オプションパーツも発売されているので要チェックです。

動作確認

 

それでは次に可動域など動作確認をしてみましょう。

 

上部に電源ボタンがあります。

クリックすると電源のON/OFF

長押しで調光

2回連続でクリックすると最大光量になります。

 

▲ 最小光量

 

▲ 最大光量

 

光量の表記はないので、実際の明るさを見ながら調整する必要があります。

電源を切っても前回の光量は覚えてくれているので毎回調整する必要はありません。

 

次に可動域ですが、まずはZライト由来のスタンダードな姿勢から。

後ろに倒せる角度は25度まで。

距離だと10㎝ほどでしょうか。

正直もう少し後ろまで倒れてほしいところ。

 

次は限界まで上に伸ばしてみました。

高さで60㎝ほど。

モニターの後ろに置いても十分使えるかと思います。

 

最後に引っ張れるだけ前に引っ張ってみる。

あまりこの状態で使うこともないでしょうが、後ろの可動域が少ない割に前には90㎝も出てきてくれました。

 

シェード部分も回転させることができます。

 

▲ 縦方向に回転。

▲ 真横に向けることもできます。

 

可動域の調整は付属の六角レンチを使います。

シェード部分はカバーがついているので、マイナスドライバーなどで取り外してから調整します。

 

実際に使用してみて気になったポイント

 

それでは次にZ-10Nを使ってみて気になったポイントを紹介します。

 汚れが気になる

美しいデザインが故の悩みではありますが、電源のON/OFFや角度調整など、手で触るとべたべたと油汚れが目立ってしまいます。

黒色だとシェードにたまった埃なども目立ってしまうので、頻繁に手入れをしたくないのであればホワイトやシルバーを選ぶのもありでしょう。

 力技で対策を

そこで私が行った対策が「触らない」こと。

角度調整などは頻繁にするものではないので、電源のON/OFFさえ対策してしまえばあとはウェーブで埃を取ればいいだけです。

じゃあ電源を点けっぱなしにするのか?と言えばそうではありません。

今回私は書斎をスマート化することで、Z-10Nに触ることなく電源を点けることにしました。

 

書斎のスマート化についてはこちらのAmazonのスマートプラグを使って書斎をスマート化をご覧ください。

これで常にZ-10Nを美しい状態に保つことができます。

 

\ デスク周りのお手入れにオススメ /

 

Z-10Nは所有欲を満たしてくれるオススメのデスクライトです

 

デスクワーク中心の人にとってデスクライトは毎日目にするもの。

自分のお気に入りのガジェットに囲まれるとモチベーションも上がりますよね。

 

自分へのご褒美として、ちょっとした贅沢にZ-10Nはピッタリなのではないでしょうか?

もしくは働くお父さんに、日頃の感謝を込めてプレゼントしてみてもいいかもしれません。

 

 

今回は以上です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

Twitterでも情報配信中!